外国の性器事情 | 包茎治療でコンプレックス改善【らくチン変身でイケメン】

外国の性器事情

指をさす医師

日本人男性に多いとされる包茎ですが、これは日本だけでなく世界中の男性にも見られるものです。アジア圏の男性は性器が小さい傾向があるため、日本に限らず中国や韓国なども包茎が多いことが知られています。韓国は美容整形が普及していて、包茎の治療も他国より盛んなようです。ヨーロッパ圏の男性は包茎であってもコンプレックスを抱きにくいという調査結果があります。性器が小さいと恥ずかしい、という概念より、自然体が好ましいという風潮があるようです。イスラム圏では、なんと生まれたばかりの男児の性器にメスを入れ、包皮を切除するという風習が根付いています。宗教による概念ですが、これにより包茎である男性は少数です。世界の包茎事情は様々ですが、各国それぞれ性器に対する考えは違うようです。

イスラム圏内の男性は包茎が少ないと言われていますが、これは宗教的な風習で幼い男児の性器にメスを入れ、包皮を切り取る「割礼」という習わしが存在することがその要因です。しかし割礼が行われるのはイスラム圏内だけではなく、アメリカでも行われています。20世紀以前から、ガンのリスクを軽減するなどと言われ割礼が行われてきました。しかし衛生面などの理由から、現在ではその風習も薄れつつあります。割礼を行なう際は麻酔をせずメスを入れることが一般的で、新生児に大きな負担がかかることも割礼が衰退した原因です。国による意識の違いは様々ですが、様々な文化が発達したきた現代では、こういった古くからの習わしも人体の影響などが考えられるようになってきています。世界中の男性が抱えるとされる性器に関する意識も、各国々で異なっています。